BtoB調査で得られるもの

BtoB調査についてご紹介します!

このサイトでは、ビジネスで活かすためのBtoB調査について紹介しています。
市場調査という言葉はある程度浸透しているためご存じの方も多いと思いますが、対企業の調査に関しては知らないという方も多いでしょう。
そこで、一般的に対企業調査が利用できる業種の種類、店舗が調査を実施するメリット、オンラインにおいて解決できる課題を解説していきます。
また、BtoC調査の違いについても説明していますので、参考にしてみて下さい。

ビジネスで活きる!BtoB調査について徹底解説します!

ビジネスで活きる!BtoB調査について徹底解説します! BtoB調査は、一般的に解説されている市場調査とは考え方が異なります。
商品やサービスの価格や消費者の満足度だけではなく、その商品やサービスを扱う企業に対してもたらされるイメージの価値と価格のバランスについても調査・考察を行う必要があります。
BtoBにおいては特定の企業と長期的な取引を行っている場合が多く、わざわざBtoB調査を行う必要がないと考えられている面が見受けられます。
そのため、BtoB調査について解説されている媒体や企業も限られています。
ですが、市場の状況が目まぐるしく変化する現代においては既存の取引先のみに頼っていると多くの機会ロスが発生してしまいます。
最悪の場合は懇意にしていた取引先が突然倒産するリスクも抱えています。
BtoB調査への意識を持っている企業がまだ多くない中、有効的にBtoB調査を取り入れ実践することで他企業から抜きんでることが可能となります。

BtoB調査で他社と比較を実施すると戦略が見えてくる

BtoB調査で他社と比較を実施すると戦略が見えてくる 企業相手の営業では、他社との比較がかなり細かなところまで行われます。
個人向けのビジネスと違って、成約するまでに何人かの承認者を納得させなければいけません。
そのため他社より優れているところがなければまず間違いなく選ばれることはないでしょう。
価格で争っても最終的には利益が少なくなり、立ち行かなくなる恐れがあります。
そこで活用したいのがBtoB調査によって行われる他社と比較です。
自社の扱っている商品や顧客層など、できるだけ詳細なカテゴリー分けを行って、競合となる企業の像を明確にします。
その上でBtoB調査を行って、成約に至る決めてや比較の時に注意している点などを確認します。
収集したデータから自社との差分を確認し、その重み付けが重要になります。
そして影響力の大きな差分について、しっかりと分析し、どのようにしてその差分をなくせるか、または強みに変えられるかを考えます。
従来から強みと考えられたいたことがあれば、弱みを打ち消すことができるだけでも十分に戦うことができる材料となるでしょう。
またあまりにも差分が大きくて埋め切ることができない場合には、そのカテゴリーでの争いを避けると言う選択肢もあります。

BtoB調査に関する情報サイト

BtoB調査を利用しよう

新着情報

◎2021/2/12

マーケティングが重要
の情報を更新しました。

◎2020/12/8

BtoC調査との違い
の情報を更新しました。

◎2020/10/13

オンラインの調査が解決できる課題
の情報を更新しました。

◎2020/07/31

サイト公開しました

「調査 ビジネス」
に関連するツイート
Twitter