BtoB調査で得られるもの

BtoB調査についてご紹介します!

このサイトでは、ビジネスで活かすためのBtoB調査について紹介しています。
市場調査という言葉はある程度浸透しているためご存じの方も多いと思いますが、対企業の調査に関しては知らないという方も多いでしょう。
そこで、一般的に対企業調査が利用できる業種の種類、店舗が調査を実施するメリット、オンラインにおいて解決できる課題を解説していきます。
また、BtoC調査の違いについても説明していますので、参考にしてみて下さい。

ビジネスで活きる!BtoB調査について徹底解説します!

ビジネスで活きる!BtoB調査について徹底解説します! BtoB調査は、一般的に解説されている市場調査とは考え方が異なります。
商品やサービスの価格や消費者の満足度だけではなく、その商品やサービスを扱う企業に対してもたらされるイメージの価値と価格のバランスについても調査・考察を行う必要があります。
BtoBにおいては特定の企業と長期的な取引を行っている場合が多く、わざわざBtoB調査を行う必要がないと考えられている面が見受けられます。
そのため、BtoB調査について解説されている媒体や企業も限られています。
ですが、市場の状況が目まぐるしく変化する現代においては既存の取引先のみに頼っていると多くの機会ロスが発生してしまいます。
最悪の場合は懇意にしていた取引先が突然倒産するリスクも抱えています。
BtoB調査への意識を持っている企業がまだ多くない中、有効的にBtoB調査を取り入れ実践することで他企業から抜きんでることが可能となります。

BtoB調査で他社と比較を実施すると戦略が見えてくる

BtoB調査で他社と比較を実施すると戦略が見えてくる 企業相手の営業では、他社との比較がかなり細かなところまで行われます。
個人向けのビジネスと違って、成約するまでに何人かの承認者を納得させなければいけません。
そのため他社より優れているところがなければまず間違いなく選ばれることはないでしょう。
価格で争っても最終的には利益が少なくなり、立ち行かなくなる恐れがあります。
そこで活用したいのがBtoB調査によって行われる他社と比較です。
自社の扱っている商品や顧客層など、できるだけ詳細なカテゴリー分けを行って、競合となる企業の像を明確にします。
その上でBtoB調査を行って、成約に至る決めてや比較の時に注意している点などを確認します。
収集したデータから自社との差分を確認し、その重み付けが重要になります。
そして影響力の大きな差分について、しっかりと分析し、どのようにしてその差分をなくせるか、または強みに変えられるかを考えます。
従来から強みと考えられたいたことがあれば、弱みを打ち消すことができるだけでも十分に戦うことができる材料となるでしょう。
またあまりにも差分が大きくて埋め切ることができない場合には、そのカテゴリーでの争いを避けると言う選択肢もあります。

BtoB調査に関する情報サイト

BtoB調査を利用しよう

新着情報

◎2020/07/31

サイト公開しました

「調査 ビジネス」
に関連するツイート
Twitter

訪問介護の実態調査してて驚いたのが、社員3人とかの超零細企業が全体のほとんど。そしてパートを多く使って何とかやってけてる感じ。 バイトに支えられる飲食業界に近いものを感じるね。 ま、ビジネス的にそうなるのも必然か。

日経リサーチの2020年版「ブランド戦略サーベイ」の調査結果が興味深い。消費者、ビジネスパーソン両方でランキングが一桁なのは、Apple、Sonyに並びヤマト運輸。新型コロナによる宅配の増加は、こういうところにもあらわれているみたい。 r.nikkei.com/article/DGXMZO… pic.twitter.com/sAADudmcaT

Twitter猿渡歩 | EndoAyumu @Anker@endoayumu

返信 リツイート 13分前

幸福度ランキング よくありますが、読んでみると何かビジネスヒントもありそう 都道府県「幸福度」ランキング2020【完全版】 | 日本全国SDGs調査ランキング | ダイヤモンド・オンライン diamond.jp/articles/-/248…

TwitterKOHGAMI鈴木(崇)@kogagami17

返信 リツイート 17分前

[Auto] #安城市図書情報館 には様々なデータベースがあります。ビジネス系ではPOSデータや市場調査レポートの「マーケティング情報パック」が使えますよ! #アンフォーレ

Twitterあんず(安城市図書情報館)@Anjo_Library

返信 リツイート 17分前

12カ国調査で判明、建設DX「日本が最も進んでいる」が示す“本当の意味”とは IDC Japan、オートデスクが解説|ビジネス+IT @bitsbbit #sbbit sbbit.jp/article/cont1/…

TwitterU-ichi Abe (kamex)@kamex

返信 リツイート 18分前

RT @hagiharayutaka: 【長距離の航空機内で集団感染か】 3月のロンドン-ハノイ行きに搭乗した乗員乗客217人を追跡調査。乗客1人に新型コロナの症状。 16人が感染、うち12人(ビジネスクラス)が、症状のあった人の近くに座っていたという。当時マスク着用は義務付…

小さなサロンに吹く「追い風」 域密着型のヘアビジネス経営は、全国消費者調査結果(1000人)から見れば、明らかに「追い風」を受けています。調査内容は次のようになっています。 続きは下記のブログ欄に記載します。 site:saronkeiei.p-kit.com pic.twitter.com/bn80k2TCAs

Twitterサロン経営総研@yfd62412

返信 リツイート 21分前

【💖納得記事】12カ国調査で判明、建設DX「日本が最も進んでいる」が示す“本当の意味”とは 📝深刻な人材不足と就業者の高齢化に直面し、技術活用による生産性の向上が喫緊の課題となっている建設業界。いまやあらゆる企業がデータを活用した戦略… 【出所:ビジネス+IT】 sbbit.jp/article/cont1/…

TwitterHack & Business Review 【超ビジネス ニュース報道局】@Hack_Biz_Review

返信 リツイート 7:33

日経新聞)日経リサーチは消費者やビジネスパーソンが企業ブランドをどのように評価しているかを多角的に分析する、2020年版「ブランド戦略サーベイ」の調査結果をまとめた。総合得点ではアップルジャパンとソニーが首位で並んだ。外出自粛で生活インフラとしての重要性が再認識されたヤマト運輸が3位

Twitterはやぶさトニー@umibeni154

返信 リツイート 6:49

日経リサーチによる、消費者とビジネスパーソンを対象に行われる企業ブランド調査が公表されました。 ()内は前年順位 1位(1)アップルジャパン 1位(2)ソニー 3位(5)ヤマト運輸 4位(3)日本マイクロソフト 5位(4)グーグル コロナによる巣ごもり関連が高評価を得た要因です

Twitter知って得する!金融と経済の知識@PyXJdC0lkag41gI

返信 リツイート 6:47