BtoB調査で得られるもの

オンラインの調査が解決できる課題

オンラインの調査が解決できる課題

オンラインの調査が解決できる課題 企業における意思決定プロセスの確認などBtoB調査の需要が必須となっているなか、訪問調査やインターネット調査では企業人へのコンタクトが難しいのが現状です。
訪問調査の場合は1軒1軒自宅を訪問しなければならないので一定のサンプルを採るのに相当時間がかかりますし、インターネット調査の場合には信頼性を担保するのが難しいです。
そこで最近では電話調査を行う会社が増えていて一定の業績を上げていますが、サンプルの規模を増やすことができる上に的確な対象に迅速に到達することができると言うメリットがあります。
この電話調査によるBtoB調査はオンライン調査によるBtoB調査の課題を色々と解決することができるので注目を集めていますが、特により詳細な回答が必要な場合にその場で確認することができる点が大きいです。
また基本情報が正しいかどうか確認することもできますし同一企業から複数人の回答を聴取することがないなどメリットが沢山あるので、この方法で調査を行っている企業が沢山あります。

BtoB調査をオンライン調査にする場合は郵送調査を併用して

BtoB調査をオンライン調査にする場合は郵送調査を併用して BtoB調査をするうえでアンケート調査を法人や公共団体などに実施したいという要望を受けることが多いです。
そんな時、コストや効率面を考えてオンラインアンケートで実施したいという相談も多くなっています。
オンライン調査と郵送調査との違いを知っておかないと、効果的なアンケート調査ができなくなってしまいます。

BtoB調査を法人で実施するにあたって、複数の担当者が組織では関与することを知っておかなければなりません。
すべてを一人で回答することは事実上困難と言えます。
したがって郵送調査を併せて実施し、法人や団体の担当者にBtoB調査の趣旨や内容を事前に告知しておく上でも大切になるのです。
オンライン調査を実施する場合、郵便調査との違いでセキュリティの問題があります。
電子メールで回答を依頼する形式になります。
知らないアドレスからのメールは法人や団体では開かれないことが多く、セキュリティの問題を解決しておかないとかえってトラブルに発展することにもなるのです。

新着情報

◎2021/2/12

マーケティングが重要
の情報を更新しました。

◎2020/12/8

BtoC調査との違い
の情報を更新しました。

◎2020/10/13

オンラインの調査が解決できる課題
の情報を更新しました。

◎2020/07/31

サイト公開しました

「調査 オンライン」
に関連するツイート
Twitter